FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□リベット□

<作者>木原音瀬
<挿絵>藤田貴美
<レーベル>Holly NOVELS

リベット リベット
木原 音瀬 (2006/09/21)
蒼竜社
この商品の詳細を見る

<あらすじ>
常に淡々としている初芝公平には、人に知られたくない悩みがあった。悩みの原因をつくった友人も今はもういない。
たった一人で、前向きに生きていこうとしていた初芝の心を乱すものがあった。それは恋人の由紀と、後輩の乾の存在だったが・・・。

<読書メモ>
実直で優しい新米高校教師・乾×HIVの感染により心を開かなくなった乾の指導教員・初芝のお話。

かなり、心にずっしりくるお話でした。
テーマがテーマだけに、メモに残すかどうか迷いましたが…。読み終えた今の感想を残しておこうと思いました。
初芝の抱えるものの重さに何度も本を閉じかけましたが、それでも結果別れを選ぶ事になる由紀も(別れ際は少し卑怯なやり方だったけれど…)、初芝に想いを寄せる乾も初芝の不運になる元凶の阿岸もいい奴で。
初芝自身も、自分の力ではどうにもならない病気に苛立ち、心を閉ざしていますが良くできた人間で。
そのお互いを思いやる気持ちに救われ、完読できました。
このお話には心底「嫌な人間」は出てきません(と私は思います)。
だからこそ、些細な事でぶつかりあって、誰かが傷つくシーンがより「痛っ」と感じるのですが、読み終わった時に少しだけその痛みが残って、最後の乾のモノローグで何とも言えない幸福感に包まれました。
最後の一文は何回読み返しても涙が出てきます。
あとがきで作者が書かれている「2~3年後、大きな何か」があって、乾にも初芝にも穏やかで幸せな日々が訪れていることを想像しつつ…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ユウリ

Author:ユウリ
趣味は読書(BL本多し)と野球観戦のしがないOL。ぼけ~っと日々過ごしていますが、時折「とぁっ!」っと突然に目にしたものに燃える(萌える?)傾向あり。
今まさに燃えているのがBL小説とダイエット。
あんまり陽気ではない(?)関西人です。

※BL本(いわゆる男同士の恋愛話の本)中心にメモしてますので、そいうことに嫌悪感を抱かれる方は、ご注意下さいませ。

※コメントやTBは大歓迎です!但し、あまりにブログの趣旨とかけ離れているような記事に関しましては予告なく削除させて頂きますのでご了承下さいませ。

バナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。