FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□アマンテ□

<作者>華藤えれな
<挿絵>円陣闇丸
<レーベル>リンクスロマンス

<あらすじ>
もの狂おしいタンゴが流れる冬の夜、人生は大きく変わった―。
孤児だったロベルトはマフィアのボス・ビクトルに引きとられたものの、裏社会にはいっさい関わらずに清廉な道を歩んでいた。
だがある時、襲撃されて重態に陥ったビクトルの傍にいるため、ファミリーに入ることを誓う。
それを知って激昂したビクトルに、愛人として扱うと宣言されたロベルト。
かつて一身に注がれていた愛情が消え、冷厳な眼差しで抱かれても、歪な歓びを感じていたが…。

<読書メモ>
冷酷で大組織を束ねるボスながら、ロベルトには人間らしいやさしい一面を見せる・ビクトル×政治犯の子どもとしてスラム街で身を隠しているところをビクトルに拾われた、努力家で頭脳明晰、そして一途な情熱を持つ青年・ロベルトのお話。

「サウダージ」のスピンオフだそうですが、「サウダージ」は斜め読みして私的には印象も薄かった為、どうだろうかと思いましたが、現在好きな「薄幸の受が攻に救われる」設定だったのと、円陣さんの挿絵があまりに素敵で読み始めたら、見事にハマリました。
もともとカタカナ名が出てくるBLは苦手なのですが、「アマンテ」は大丈夫でした。
ロベルトが若干ひとりよがり気味だったので、ビクトルの為を思って暴走する度はらはらしながら読みましたが、ロベルト自身はそんな大きな危険にさらされることもなく、同じスラム街出身のレオンにフォローされながら成長していく(って解釈はちょっと違う??)、そんなお話でした。
ロベルトはそんな感じで、若干から回りばかりのキャラだったのですが、そんな彼を「自身の希望だ」と言って陰になり日向になり大切に守り、ロベルトの押しの強さに愛人としてひどく扱ってしまうことがあっても変わらない愛でロベルトを包み込んでいたビクトルがとても素敵でした。
マフィアとして、クールで堂々した雰囲気のビクトルが、中華料理を日本食と間違え、レオンに突っ込みを入れられるシーンが特にお気に入りで、叙情的で官能的な雰囲気と裏社会の緊張感の中、ビクトルが見せる人間らしさが特に私の中でとてもツボだった1冊でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ユウリ

Author:ユウリ
趣味は読書(BL本多し)と野球観戦のしがないOL。ぼけ~っと日々過ごしていますが、時折「とぁっ!」っと突然に目にしたものに燃える(萌える?)傾向あり。
今まさに燃えているのがBL小説とダイエット。
あんまり陽気ではない(?)関西人です。

※BL本(いわゆる男同士の恋愛話の本)中心にメモしてますので、そいうことに嫌悪感を抱かれる方は、ご注意下さいませ。

※コメントやTBは大歓迎です!但し、あまりにブログの趣旨とかけ離れているような記事に関しましては予告なく削除させて頂きますのでご了承下さいませ。

バナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。