FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□愛してないと云ってくれ□

<作者>中原一也
<挿絵>奈良千春
<レーベル>シャレード文庫

<あらすじ>
日雇い労働者の集まる街で診療所を経営している青年医師・坂下。彼らのリーダー格の斑目は、屈強な男たち相手に一歩も譲らず日々奮闘している坂下を気に入り、なにかとちょっかいをかけていた。ある日、坂下と仲のよい日雇いのおっちゃんが肝硬変を患っていることが発覚。家族に知らせて手術を受けるよう説得してもらおうと考える坂下を、この街の現実を知る斑目は無駄だと一蹴する。坂下を諦めさせるため、躰と引き替えにならおっちゃんの住所を教えてもいいと条件を出す斑目。脅しのつもりだった斑目だが、自分の本気を示すために坂下はその条件をのんで抱かれることになり―。

<読書メモ>
日雇い労働者たちのリーダー的存在で、フェロモンを撒き散らす色男、医師だった過去をもつ・斑目×日雇い労働者たちが集まる町で診療所を開く、正義感が強くお人良しな医師・坂下のお話。

購入してから何度も読みましたが、今回続編も発売されたので再び一から読み返しました。
エリートや御曹司が出て来て受を幸せにする話がマイブームですが、一筋縄ではいかないオヤジや血の気の多い若者たちの人間くさいお話も好きです。
斑目と坂下のやりとりはテンポが良く笑わせてもらえ、おっちゃんやひそかにイケメンな双葉、坂下のおばあちゃん、歯ブラシの柄を使って大変なことになった患者(笑)などなど、個性的であったかい人たちと坂下の交流にほんわかとした気持ちになれるところも魅力です。
続編でも時折、坂下は斑目を前にすると自分の中にある女の部分を呼び覚まされると考えるのですが、おっちゃんのために斑目に潔く体を差し出したり、斑目の弟に平手打ちをしたり、実は誰よりも男らしい坂下の奮闘ぶりに、とにかく引き付けられるお話でした。
ちなみに、ベンチで酒を飲みながら斑目が「…おっちゃんも罪な男だよなぁ」とつぶやくシーンは、何回読んでも泣けてくるのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ユウリ

Author:ユウリ
趣味は読書(BL本多し)と野球観戦のしがないOL。ぼけ~っと日々過ごしていますが、時折「とぁっ!」っと突然に目にしたものに燃える(萌える?)傾向あり。
今まさに燃えているのがBL小説とダイエット。
あんまり陽気ではない(?)関西人です。

※BL本(いわゆる男同士の恋愛話の本)中心にメモしてますので、そいうことに嫌悪感を抱かれる方は、ご注意下さいませ。

※コメントやTBは大歓迎です!但し、あまりにブログの趣旨とかけ離れているような記事に関しましては予告なく削除させて頂きますのでご了承下さいませ。

バナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。