FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□心理療法家の愛罪 遠い恋花火、めばえる渇恋□

<作者>柊平ハルモ
<挿絵>朝南かつみ
<レーペル>プリズム文庫

<あらすじ>
怜悧な美貌の持ち主であるカウンセラーの白石朔夜は、極道の組長、緒方大斗を担当している。理性的で、常に職務熱心な朔夜だが、倣岸不遜な大斗に対しては、本来ならば抱くことを許されない個人的な感情を消せないでいた。そんな朔夜に大斗は異常な執着を示し、罪深い『秘密』を隠したストイックな白衣を乱そうとするが…。体はつながっても、心はつながれない。拒絶と渇望の中ですれ違う、罪深い欲望に濡れる夜の行方は!?

<読書メモ>
幼い頃の辛い経験から解離性同一性障害を患い、そして克服した過去を持つ暴力団二次団体の代表・大斗×カウンセラーでありながら、クライアントに恋をした過去に捕らわれる美貌の心理療法家・朔夜のお話。

長いタイトルの本(BLに限らず)って普段あまり読まないのですが、夏目イサクさんブームと平行して巻き起こっていた柊平ハルモさん(ユウリ脳内)ブーム。柊平さんのヤ○ザものだ!と思い手に取ってみました。
朔夜が大斗に惹かれたくだりがちょっと強引な気もしましたが(すみません辛口で…)、多重人格と言うテーマがとても興味深く、多重人格に苦しめられた大斗と、それを見守った朔夜(途中ひどい目に遭いましたが)のやりとりが、もどかしくも引き込まれました。
大斗であって大斗でない、彼の中のある人格と儚い恋の思い出があり、その恋焦がれた人の姿をした男は変わらず目の前にいるのですから、それが朔夜を苦しめ、切なくて胸がきゅ~っとなりました。

や○ざものだ!ダークだ!裏社会だ!と思って手にしたものの、あまりそんな感じはしませんでした。ただ、一度、大斗が朔夜をムリヤリ…と言うシーンでは、そのドライっぷりにやっぱり大斗はや○ざだ…と思いました。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

柊平ハルモ(くいびらはるも)先生

*柊平ハルモ* 公式サイト:Virtual Garden 【2008年】 王は花を奪う(小路龍流)リンクスロマンス/2008.3.31 ずっと愛しいくちびる(小路龍流...

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ユウリ

Author:ユウリ
趣味は読書(BL本多し)と野球観戦のしがないOL。ぼけ~っと日々過ごしていますが、時折「とぁっ!」っと突然に目にしたものに燃える(萌える?)傾向あり。
今まさに燃えているのがBL小説とダイエット。
あんまり陽気ではない(?)関西人です。

※BL本(いわゆる男同士の恋愛話の本)中心にメモしてますので、そいうことに嫌悪感を抱かれる方は、ご注意下さいませ。

※コメントやTBは大歓迎です!但し、あまりにブログの趣旨とかけ離れているような記事に関しましては予告なく削除させて頂きますのでご了承下さいませ。

バナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。