FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□愛してると言う気はない□

<作者>英田サキ
<挿絵>北畠あけ乃
<レーベル>SHY NOVELS

<あらすじ>
三年前に警察をやめ、現在、ひとり『陣内探偵事務所』を経営するしがない探偵、陣内拓朗には、とびきり特別な恋人がいる。それは新宿歌舞伎町一帯をシマに暗躍する、美形だが凶暴なヤクザ、天海泰雅だ。見てくれの繊細さとは裏腹に、東日本最大の暴力団組織、紅龍会の直系二次団体周藤組の幹部であり、『周藤の虎』と呼ばれ、恐れられている男だ。恋人になったとはいえ足蹴にされ、おまけに最近では、陣内の尻に執着を見せつつある。そんなある日、ひとりの青年がある人物の説得を依頼してくるのだが!?

<読書メモ>
元マル暴で今はしがない探偵事務所を営むオヤジ・陣内×父親殺しの過去を持ち、ヤクザの愛人を経て今は自ら組を構える美貌のヤクザ・天海のお話。

陣内が良い男に見える!摩訶不思議。
今回は「さよなら~」よりも若干陣内と天海のどつき漫才が少なかったのが残念ですが、まだまだ陣内への遠慮があった天海が少しずつ心を開き始めたところが良かったです。
英田さんの書かれるお話では、主人公たちのトラウマやコンプレックス、それに纏わる事件にぐっと胸を抉られるような痛い部分が必ずあるのですが(それは軽めから深めまで程度はありますが)、今回の天海の葛藤はかなり辛かったです。
そんな天海を陣内は相変わらず不器用に支えているのですが、陣内は決して天海の傷をスーパーカウンセラー(もしくはBL界のスーパー攻)よろしく癒す訳でなく、むしろ余計に傷つけてしまったり、自分が傷だらけになってしまったりするんです。そんな不器用な陣内が妙にかっこよく見えたのですが、もしも続編があるのならば、また陣内は情けない天海に振り回されるオヤジ探偵に戻って欲しいなと思いました(どないやねん)。
後、ちょっとシリアスめな展開にほっとさせられたのが、今回初登場の天海の弟。キーマンでありイイ子なのですが、ほんとに運の悪いコで…。
英田さん!そんな泰智くんに、かわいい受男をあてがってあげてください(切実)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愛してると言う気はない 英田サキ

『さよならを言う気はない』続編。探偵×ヤクザ。 『さよなら~』は、ハッピーエンドといっていいのか微妙な作りだったけれど、今回はちゃんとハッピーエンド。 面白かったです。やっぱり英田さんのシャイノベルズはいいなぁ…。英田さんは、ぬるい作品は、徹底...

コメントの投稿

非公開コメント

kifu様へ>コメントとTBありがとうございます☆元旦におせちを食べた後すぐ読んだのがこの本でした(笑)

泰智くんは受かな~と思ったのですが、お兄さんが受っぽくない受なので、弟くんも攻っぽくない攻…。いや、兄のような手馴れた受に知らない間にモノにされてた…って言うのもいいですね。

はははっ

お互い英田さんで年があけて嬉しいです。

>英田さん!そんな泰智くんに、かわいい受男をあてがってあげてください(切実)

あはは、そうですね~。笑っちゃいました。

TBよろしくお願いします。
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ユウリ

Author:ユウリ
趣味は読書(BL本多し)と野球観戦のしがないOL。ぼけ~っと日々過ごしていますが、時折「とぁっ!」っと突然に目にしたものに燃える(萌える?)傾向あり。
今まさに燃えているのがBL小説とダイエット。
あんまり陽気ではない(?)関西人です。

※BL本(いわゆる男同士の恋愛話の本)中心にメモしてますので、そいうことに嫌悪感を抱かれる方は、ご注意下さいませ。

※コメントやTBは大歓迎です!但し、あまりにブログの趣旨とかけ離れているような記事に関しましては予告なく削除させて頂きますのでご了承下さいませ。

バナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。