FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□願い叶えたまえ①~③□

<作者>西田東
<レーベル>花音COMICS

<あらすじ>
ピアニスト絹川は若く美しい暴力団幹部・深見を愛してしまった。だが深見は同性からの恋愛感情に嫌悪感を持っていて…(1巻あらすじより)
若く美しい暴力団幹部の深見は、敵対する有島に攫われ薬を打たれ凌辱されてしまう。それを目撃した絹川は……!?(2巻あらすじより)

<読書メモ>
ある事件で手に怪我を負うが、実家のケーキ屋を手伝いながら深見にピアノを教え、ピアノの演奏も続ける男・絹川×色気と美貌を兼備え男に狙われることもあるが、凶暴で暴力的な一方繊細な一面も持つヤクザ・深見のお話。

BLのヤ○ザものは好みですが、西田さんの絵とお話になると生々しい感じがするので敬遠してました。
案の定、深見を取り巻く環境に、カタギの絹川が巻き込まれていくと、それはそれは辛いシーンが多数出てきます。
普通のヤクザものBLならば、
①本人がヤ○ザに対抗できるだけの力を持っているか、力を持つヤ○ザである。
②どちらかがカタギではあるが権力や力を持っていて、恋人が辛い目に遭っても助けに行けたり、また守ってあげたりできる環境にいる。
てな事が多い訳ですが(すべてが…ではないですけど)、このお話にはそんな安心できる設定ではないんです。
そこがやっぱり生々しくて、最後まで「ハッピーエンドなのだろうか」と不安になりながら読みすすめました。
でも、最後まで読み切って、やっぱり、西田東さんのお話はいい。読んで良かったと思う気持ちでいっぱいになりました。
私的には西田さんの漫画は最後の1ページ、もしくは2ページにドラマのクライマックスが凝縮していると思っているのですが、今回もまさに、読み終えた直後に再び最後の数ページを繰り返し読んで、ジーンと余韻に浸っていました。
2人の絡みシーンも後半何度か出てきますが、そこにお互い通い合った愛情は存在しなくて、最後の最後。1本の電話が、体の関係より何より2人の深いつながりを示しているようで、そんなところにも惹かれた作品でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ユウリ

Author:ユウリ
趣味は読書(BL本多し)と野球観戦のしがないOL。ぼけ~っと日々過ごしていますが、時折「とぁっ!」っと突然に目にしたものに燃える(萌える?)傾向あり。
今まさに燃えているのがBL小説とダイエット。
あんまり陽気ではない(?)関西人です。

※BL本(いわゆる男同士の恋愛話の本)中心にメモしてますので、そいうことに嫌悪感を抱かれる方は、ご注意下さいませ。

※コメントやTBは大歓迎です!但し、あまりにブログの趣旨とかけ離れているような記事に関しましては予告なく削除させて頂きますのでご了承下さいませ。

バナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。