FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□シガレット・ラブ□

<作者>雪代鞠絵
<挿絵>木下けい子
<レーベル>ルチル文庫

シガレット・ラブ シガレット・ラブ
雪代 鞠絵 (2007/05)
幻冬舎コミックス
この商品の詳細を見る


<あらすじ>
恋人の暴力によって怪我を負い病院に運び込まれた久住智紘。それをきっかけに、治療にあたった医師・高藤亮一に匿われ、平和で穏やかな生活を送るようになった。
やがて、やさしく見守る高藤と惹かれ合うが、元恋人の崇は智紘を諦めず、暴力的な手段で次第に智紘を追い詰める―。
高藤に迷惑をかけたくない一心で、崇の元に戻る決心をした智紘は…。

<読書メモ>
エリートでクールなドクター・高藤×元恋人に見初められたことにより不幸に見舞われた幸薄い青年・智紘のお話。

読み終えて、何とも言いがたい、心にちくっとしたものを残しています。DVと言う重いテーマなので、辛いシーンがあるのは覚悟してましたが、想像以上でした…。
恋人に平気で暴力を振るう所ももちろんですが、智紘の元恋人・崇と言う男がとにかくひどい。
智紘の運び込まれた病院に乗り込むだけでは飽き足らず、その病院のナースを利用して智紘の居場所を聞き出したり、智紘の勤めるお店に嫌がらせをしていたり、崇の登場シーンは読んでるだけでもやもやっと嫌~な気分になりました。
そんな狂犬のような崇の存在を知りながら、何もかもを捨てることになっても、たとえ不幸になっても、智紘と一緒にいたい。と高藤が告白するシーンにはほうっと胸が暖かくなりました。愛される事に飢えていた智紘をここまで愛してくれる高藤。そんな高藤に素直に手を伸ばした智紘。あぁ。本当に2人が引き裂かれるような結末でなくて良かったです。
が、崇が全然智紘を諦めてないままにお話が終わっているのですよね…。それがちょっとひっかかってます。
ちなみに、智紘とは対称的なキャラとして登場したはるか(一応途中までライバル的存在だったけれど崇に比べるとカワイイ奴だ♪)と、高藤の弟・修史もいい雰囲気な所で終わっているので、この2人の恋の行方も気になるところ。

とにかく痛いシーン、切ないシーンがてんこもりだったのですが、木下けい子さんのイラストがほわっとしていたので、痛み半減してくたかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ユウリ

Author:ユウリ
趣味は読書(BL本多し)と野球観戦のしがないOL。ぼけ~っと日々過ごしていますが、時折「とぁっ!」っと突然に目にしたものに燃える(萌える?)傾向あり。
今まさに燃えているのがBL小説とダイエット。
あんまり陽気ではない(?)関西人です。

※BL本(いわゆる男同士の恋愛話の本)中心にメモしてますので、そいうことに嫌悪感を抱かれる方は、ご注意下さいませ。

※コメントやTBは大歓迎です!但し、あまりにブログの趣旨とかけ離れているような記事に関しましては予告なく削除させて頂きますのでご了承下さいませ。

バナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。