FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□虜になりたい□

<作者>宇宮有芽
<挿絵>天禅桃子
<レーベル>f-LAPIS文庫

虜になりたい 虜になりたい
宇宮 有芽 (2007/02)
プランタン出版
この商品の詳細を見る


<あらすじ>
野球が好きな昭生は、プロ野球選手の修一に対して淡い憧れを抱いていた。そんな修一と秘密を共有するようになり…。

<読書メモ>
プロ野球チームブラックジャガーズの若き4番打者で昭生の幼馴染みの兄・修一×野球好きで修一のファンでもある純朴な大学・昭生のお話。

宇宮さんの書く受の発する言葉がかわいくて、読んでる私も「ぎゅーってしたろか!」と思うのですが、昭生もまさにそんなカワイイ奴でした。
プロ野球ものと言うことで、万一出てくるチームや選手が実在のものを彷彿させられたら嫌だなぁと思っていたのですが(ナマモノ苦手なので…)大丈夫でした。
本拠地になる球場などは実在を思い浮かべた方が場面を想像しやすいのですけどね。

選手とファンモノですが、修一と昭生は元々家が近所で、昭生から見ると修一は憧れのプロ野球選手であると同時に幼馴染みの兄でもあるので、私の大好物の古くからの知り合いものでもありました。
幼馴染みの兄と言うことは、その兄とも一括りで言うと幼馴染みになるのかな?と自分にツッコミを入れつつ。
憧れの人からの熱烈なアプローチにもなかなか首を縦に振らない昭生の慎重さと、そんな昭生をモノにしたくてガンガン攻める修一の駆引きがとても面白かったです。また修一が「俺はスター!」という派手さはなくて、普通のモテるお兄さんという感じで、すんなりお話に入り込めました。
それと同時に、昭生がプロ野球ファンとして修一から招待されたりするのではなく、自分でチケットを買って球場に足を運ぶ姿とか、また修一が秋と冬にキャンプに行ってしまうエピソードなどはリアリティがあって良かった。
もし昭生が修一から試合に招待されてガンガン球場に足を運んで、その活躍を見て修一におちる…なんて展開だったら面白さ半減してたと思います。
お話が2人が想いを確認し合ったところで、ペナントレースも序盤で終わっているので、私としては昭生・修一の遠征先まで応援に行く編や昭生が招待席で修一の熱烈なファンに絡まれるシーンなど、続編希望です!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ユウリ

Author:ユウリ
趣味は読書(BL本多し)と野球観戦のしがないOL。ぼけ~っと日々過ごしていますが、時折「とぁっ!」っと突然に目にしたものに燃える(萌える?)傾向あり。
今まさに燃えているのがBL小説とダイエット。
あんまり陽気ではない(?)関西人です。

※BL本(いわゆる男同士の恋愛話の本)中心にメモしてますので、そいうことに嫌悪感を抱かれる方は、ご注意下さいませ。

※コメントやTBは大歓迎です!但し、あまりにブログの趣旨とかけ離れているような記事に関しましては予告なく削除させて頂きますのでご了承下さいませ。

バナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。