FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□恋 私立櫻丘学園寮□

作者>橘紅緒
挿絵>北畠あけ乃
レーベル>SHY NOVELS

恋 私立櫻丘学園寮 恋 私立櫻丘学園寮
橘 紅緒 (2006/04/24)
大洋図書
この商品の詳細を見る

<あらすじ>
「センパイが恋愛する相手は、俺じゃなきゃ嫌だ」私立櫻丘学園寮の入寮日、三尾純弥は姫城忍と出逢った。櫻丘寮には二年生が新一年生をマンツーマンで指導・担当する制度がある。三尾の担当が姫城だったのだ。誰に対しても公平で優しい姫城。三尾はすっかり姫城に懐き、可愛がられるようになる。だけど、自分は特別な存在じゃない…姫城への恋心に気づくと同時に、残酷な事実を三尾は知ることになるのだが…!?恋するせつなさ、苦しさ、喜びを綴った物語をあなたに―。

<読書メモ>
誰にでも優しく、美形の上級生・姫城忍×無邪気でまっすぐな下級生・三尾純弥のお話。

主人公、中学生です。
しかも寮もの。絶対に受け付けないよ!と思っていたのですが、私の好みが変わったのか…。
三尾が中1・姫城が中2→三尾が中2・姫城が中3のお話です。
これが、私の中でダメでなかった理由は、あまりに普通の中坊のお話だったから。
これが、どちらかが完璧に大人だったり、1つ2つしか年が違わないはずの先輩攻が大人顔負けの完璧さで身も心も受をメロメロにさせるお話だったり、逆に先輩受を翻弄する中坊攻などのお話だったら最後までは絶対に読みませんでした。
三尾はまだ恋を知らないような純粋さで全然いやらしさがないし、姫城も三尾の先輩ではあるけれど、三尾に憧れられているのを知りながら、理由あってそれを正面から受け止めようとしないずるさがまだまだ子どもっぽいし、中学生と言う設定に矛盾がなかったから面白く読めました。
交わされる言葉がイマドキ語なので、何年かするとちょっと色褪せてしまうかもしれませんが、それを別にしてもせっせと先輩に想いを寄せる三尾の奮闘ぶりと、彼らをとりまく普通(一人普通とは言えないかも…の松嶋と言う人物が出てきますが)の中学生の、なにげないやり取りがとても新鮮でした。
そして何より、口絵の北畠さんのイラスト(キスシーンなのです)が、美しいのなんの。
このキスまでに至るまでが結構長い道のりなので、余計に際立っています。
挿絵を含め、最後まで楽しませてもらった一冊です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ユウリ

Author:ユウリ
趣味は読書(BL本多し)と野球観戦のしがないOL。ぼけ~っと日々過ごしていますが、時折「とぁっ!」っと突然に目にしたものに燃える(萌える?)傾向あり。
今まさに燃えているのがBL小説とダイエット。
あんまり陽気ではない(?)関西人です。

※BL本(いわゆる男同士の恋愛話の本)中心にメモしてますので、そいうことに嫌悪感を抱かれる方は、ご注意下さいませ。

※コメントやTBは大歓迎です!但し、あまりにブログの趣旨とかけ離れているような記事に関しましては予告なく削除させて頂きますのでご了承下さいませ。

バナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。