FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□エス 残光□

<作者>英田サキ
<挿絵>奈良千春
<レーベル>SHY NOVELS

エス 残光 エス 残光
英田 サキ (2006/10/27)
大洋図書
この商品の詳細を見る

<あらすじ>
警視庁組織犯罪対策第五課、通称「組対五課」の刑事である椎葉は、 拳銃の密売情報を得る、言わば拳銃押収のスペシャリストだ。 その捜査方法はエス(スパイ)と呼ばれる協力者を使った情報収集 活動に 重点がおかれている。
ある日、大物ヤクザであり椎葉のエスでもある宗近が何者かの銃に よって倒れた。 宗近を守るため、ある決意のもと宗近から離れた椎葉は、五堂によってい深い闇を知る。
複雑に絡まり合う過去と因縁。錯綜する憎しみと愛。
奪われた者は何で憎しみを忘れ、 奪った者は何で赦しを得るのか。
この闘いに意味はあるのか?闇の中でもがき続けた男たちの鎮魂曲!

<読書メモ>
暴力団松倉組現組長の腹違いの兄にして陰の実力者、現在椎葉のエス・宗近×東大卒のエリートコースを蹴って自ら警視庁の一捜査員となった組対五課の刑事・椎葉+兄との確執を抱えた若き松倉組跡取り・東明+素顔の見えないキレ者五堂組組長・五堂のお話。

どのような結末を迎えるのか…。
椎葉が「エス」との関係以上としての宗近と歩んで行く覚悟を決め、宗近がそれを受け止めようとした矢先に、その関係をぶち壊す事態に直面したところで終わった前巻。
もしかしたら、どちらかが「もう読みたくない!」と思うほどの試練を迎えるのではないかと想像していましたが、試練は試練でも、心理戦と言うか…心の奥深くに訴えかけるような事態の連続でした。
椎葉に宗近、東明に五堂、紀里。そして冷静な眼鏡の奥の瞳をギラリと光らせた篠塚。
読んでる私は登場人物の葛藤やトラウマにもういっぱいいっぱいだ~!と思ったところで上手く、そしてす~っと真っ赤に燃えた夕陽が沈んで行く様にラストシーンへ導いてくれた英田さんには凄い!の一言です。
印象的なシーンは数あれど、この巻で言えば、廃工場になってしまった紀里の家を椎葉が訪れるシーンで、五堂が椎葉を襲い、紀里は椎葉の反撃から五堂を庇おうとし、そして宗近の熱い一面がここで垣間見えて…。そのシーンの奈良さんのイラストを含め、読み返す度にこのシーンでさ~っと良い意味での鳥肌が立ちます。

そして静かに迎えるラストシーン。
私はこの終わり方で良かったと思います。
読み終えるまでに予想していた結末は、何種類かあって、自分で勝手に想像しといて「…イヤだ」と思うものもありましたが、その予想がはずれて良かったです。

作者の英田さん自身が、出版社公式サイトのエス完結記念ページで書いてられるのですが、(宗近のお気に入りの理由で)私もそっくりその言葉、宗近に送りたいですっ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ユウリ

Author:ユウリ
趣味は読書(BL本多し)と野球観戦のしがないOL。ぼけ~っと日々過ごしていますが、時折「とぁっ!」っと突然に目にしたものに燃える(萌える?)傾向あり。
今まさに燃えているのがBL小説とダイエット。
あんまり陽気ではない(?)関西人です。

※BL本(いわゆる男同士の恋愛話の本)中心にメモしてますので、そいうことに嫌悪感を抱かれる方は、ご注意下さいませ。

※コメントやTBは大歓迎です!但し、あまりにブログの趣旨とかけ離れているような記事に関しましては予告なく削除させて頂きますのでご了承下さいませ。

バナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。