FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□DEADLOCK□

<作者>英田サキ
<挿絵>高階佑
<レーベル>キャラ文庫

DEADLOCK DEADLOCK
英田 サキ (2006/09/27)
徳間書店
この商品の詳細を見る

<あらすじ>
同僚殺しの冤罪で、刑務所に収監された麻薬捜査官のユウト。
監獄から出る手段はただひとつ、潜伏中のテロリストの正体を暴くこと―!!密命を帯びたユウトだが、端整な容貌と長身の持ち主でギャングも一目置く同房のディックは、クールな態度を崩さない。しかも「おまえは自分の容姿を自覚しろ」と突然キスされて…!?

<読書メモ>
警官殺しの罪で投獄されているタダ者ではない白人の囚人・ディック×元麻薬捜査官で同僚殺しの容疑(冤罪)をかけられ投獄された日系アメリカン・ユウトのお話。

ディックが非常にイイ男です。ユウトもクールで強くて美しいです。
最初は、ユウトに課せられたある人物を探す任務に加えて、無実の罪を2人で晴らしていくお話と思っていたのですが、この巻(また続編が出る模様です)では無実の罪を晴らすエピソードはなかったです。最後に無実と認められはするのですが…。
檻の中の様々な人間模様、とても読み応えがありました。が、いかんせん登場人物の多いお話はちょっぴり苦手な私…。もう一回読み直してみようと思うところも多々ありますが、そんな苦手意識も吹き飛ぶくらいに夢中になって読めました。お話は獄中、任務のために危険な人物に近付いたり、ちょっとクレイジーな人物に目をつけられたり、ちょっぴり無鉄砲な行動に出るユウトにハラハラします。実際痛い目にあってしまい、読んでる私もかなりへこみましたけど、そんなユウトの支えになったのがディック。
最後の最後でようやく2人の心が近付くわけですが、緊迫感のある中で2人が結ばれるシーンはかなりモエツボでした。
続きが待ち遠しいです!
余談ですが、舞台が舞台なだけに、暴力的なシーンが多めなので、苦手な人にはオススメできません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ユウリ

Author:ユウリ
趣味は読書(BL本多し)と野球観戦のしがないOL。ぼけ~っと日々過ごしていますが、時折「とぁっ!」っと突然に目にしたものに燃える(萌える?)傾向あり。
今まさに燃えているのがBL小説とダイエット。
あんまり陽気ではない(?)関西人です。

※BL本(いわゆる男同士の恋愛話の本)中心にメモしてますので、そいうことに嫌悪感を抱かれる方は、ご注意下さいませ。

※コメントやTBは大歓迎です!但し、あまりにブログの趣旨とかけ離れているような記事に関しましては予告なく削除させて頂きますのでご了承下さいませ。

バナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。